知っておきたい、参拝の作法【神社編】

神社を詣でる対象は、いろいろな神様です。失礼がないように参拝したいものです。神社でのお参りの基本は、「二礼二拍一礼」です。(違う神社もあります)心構えとしては、神様に対して、”今ある自分の感謝の気持ち”と”人生のいろいろな節目にある幸せや願い”をお願いします。

1. 鳥居をくぐる

鳥居は私たちがいる俗界と神様の領域の結界にあたります。神様の住むところの入口にあたります。鳥居をくぐるときは、姿勢を正して一礼をして、くぐりましょう。
参道を進むときは、真ん中は神様が通りますので、道の中央より少し横に寄って、ゆっくりと進みましょう。

2. 手水舎で清める

「手水舎」の呼び方は、”てみずしゃ”、”ちょうずしゃ”どちらでもOKです。参拝にあたって、手と口を清めるところです。清める順番は、左手、右手、口、左手です。

1.手水舎に一礼をします。
2.右手で柄杓(ひしゃく)を取って、手水をすくい左手にかけます。
3.左手に柄杓を持ち替えて、手水をすくい右手にかけます。
4.右手に柄杓を持ち替えて、手水をすくって、左手の手のひらに水をためて水を口に含みます。
5.音を立てずに軽くゆすいで、左手で口を隠して、水を静かにはき出します。 ※ 柄杓に直接口をつけないように気をつけてください。
6.そして、もう一度、口につけた左手を清めます。
7.最後に柄杓を立てて柄杓の柄に水を流して、手でもったところを洗い流します。
8.柄杓を元の位置に戻し、手水舎に一礼をします。

3. お参りをする

参拝は基本は、「二礼二拍一礼」と覚えましょう。但し、出雲大社、宇佐神宮、弥彦神社は、「二礼四拍手一礼」が古儀となっています。

1.拝殿の前に立ち軽くお辞儀をします。
2.鈴を音がでるようにきっちりとならします。 ※邪気を払う意味があります。
3.お賽銭を入れます。そっと入れてください。金額は自分の気持ちです。 ※お供え物の意味です。
4.2 回、敬意を表して深くお辞儀をします。 (二礼)
5.胸の前で 2 回拍手をします。その際、左手に対して右手を少し下にずらして拍手します。(二拍)
6.自分の名前と住所を伝えます。
7.もう一度両手を合わせて、お祈りをして手を下ろします。
8.最後に1回、深くお辞儀をします。 (一礼)

4. 帰る

鳥居をくぐって出た後、もう一度神様の住むところを向いて、一礼をします。

「おみくじ」で運試しをしましょう!

せっかく神社仏閣にお参りに行ったのなら、おみくじを引いてみましょう。但し、きちんとお参りしてからにしましょうね。
おみくじとは、吉・凶を占うための籤(くじ)のことですが、古代に国の政の重要な決定をする際に神のお告げを聞くためにくじ引きをしていたことが元だそうです。
ちなみにおみくじを製造している山口県周南市の女子同社は、全国の7割のシェアをもっているそうです。はじまりは、明治に二所山田神社の宮司 宮本重胤が女性自立のための組織「大日本敬神婦人会」を設立して、その資金のためにおみくじの制作をしたそうです。現在おみくじを製造している神社は、6社あるそうです。

「おみくじ」の引き方

おみくじの引き方は、一般に円柱形のみくじ筒を振って、小さな穴からみくじ棒を取り、その棒の番号のおみくじを整理箱から受け取ります。最近では、ちょっと味気ないのですが、自動販売機で売っているところもありますね。

おみくじの縁起の良い順番は、

「大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶」

が一般的であり、

「大吉、吉、中吉、小吉、半吉、末吉、末小吉、平、凶、小凶、半凶、末凶、大凶」

と細かく区分している神社もあります。
よく調べてみないと「吉」より「中吉」の方が良いような気がしてなりません。(笑) 縁起がよくない「凶」の方が少ないようですね。それぞれの出る確率はどうなのでしょうね。ネットで調べると、「吉」対「凶」は、3:7 のようですよ。5:5 ではないそうです。
「凶」が出るとがっかりしますけど、「大吉」が出るとその反対に心配なので「吉」「小吉」で十分なんて、いろいろな話しを聞きます。大事なことは、おみくじの中に書かれていることをよく読んで、自分のこれからの生活をよい方に持っていくことなのだそうです。

引いた「おみくじ」は結んで帰る?

「凶」が出た場合だけ、「凶」を留めて「吉」転ずるという思いを込めて結んで帰る説と、何が出ても神さまや仏さまのありがたいお告げだから、持ち帰る説があります。結びつける場合は、木々に結ばないで、「みくじ結び所」に結んでくださいね。
持ち帰った場合は、お財布に入れていつも持ち歩くとよいそうです。持ち歩かないのなら、粗末なことにならないところに置いておきます。処分するときは、捨てないください。後日、神社仏閣にお札とともにお返しするとよいそうです。
これから、試験に臨むのですから、気をつけましょうね。