知っておきたい、参拝の作法【お寺編】

お寺で拝む対象は、仏様です。失礼がないように参拝したいものです。お寺でのお参りは合掌が基本です。神社のように決して拍手を打たないでください。まずは日頃の感謝の気持ちを仏様に伝えてから、祈願をすることが大事です。

1. 山門をくぐる

山門(さんもん)の前で一礼をします。仏様を敬う気持ちでします。そして、敷居を踏まずにまたいで、くぐります。
山門は神社で言えば鳥居と同じで、私たち俗界との境界と考えてください。

2. 手水舎で清める

基本的に神社と同じです。手と口を清めるところです。清める順番は、左手、右手、口、左手です。

1.手水舎に一礼をします。
2.右手で柄杓(ひしゃく) を取って、手水をすくい左手にかけます。
3.左手に柄杓を持ち替えて、手水をすくい右手にかけます。
4.右手に柄杓を持ち替えて、手水をすくって、左手の手のひらに水をためて水を口に含みます。
5.音を立てずに軽くゆすいで、左手で口を隠して、水を静かにはき出します。 ※ 柄杓に直接口をつけないように気をつけてください。
6.そして、もう一度、口につけた左手を清めます。
7.最後に柄杓を立てて柄杓の柄に水を流しして、手でもったところを洗い流します。
8.柄杓を元の位置に戻し、手水舎に一礼をします。

3. 梵鐘を撞く

撞木(しゅもく=鐘を撞く棒のこと)を 2,3回振って振り子の力で撞きます。あまり強くしないことです。
自由に撞けるお寺の場合、お参りの前に撞きましょう。お寺から出るときは決して撞いてはなりません。お寺から出るときに撞くと「出鐘」と言い、死者を送るときの鐘とされて縁起が悪いからです。

4. お参りをする

寺院でのお参りでは、神社ではないので拍手はしません。数珠を持参して合唱するとよいでしょう。

1.お線香を焚きます。 ない場合は省略します。※身を清めるためです。
2.一礼をして、お賽銭を入れます。そっと入れてます。お布施の意味です。金額は自分の気持ちです。
3.胸の前で合唱します。
4.一礼をします。

5. 御朱印をいただく

元々は、写経をして、そのお経をお寺に納めた証明書のようなものです。現在は納経料を払えば、いただくことができます。

6. 帰る

山門を出る前に本堂に向かって一礼して、くぐります。

「お守り」で合格力をアップ

神社仏閣に参拝した最後にお守りを買って帰りましょう。お寺のお守りは、読経、焼香等を施し、祈りの結晶という意味があります。そして、神社のお守りは、遷霊祭を行い、神様の分霊を御お守りに鎮めているという意味があります。
お守りは、かばんや財布の中に入れて持ち歩くとよいでしょう。お守りは、毎年新しく変えましょう。お守りをお返しするときは、お寺のものはお寺に、神社のものは神社にお返ししてください。