ボイラー・タービン主任技術者

資格名 ボイラー・タービン主任技術者
資格概要 ボイラー・タービン主任技術者は、電気事業法に基づく発電用ボイラー、蒸気タービン、ガスタービン及び燃料電池発電所等の工事、維持、運用に係る保安の監督などを行う者であり、安全の確保及び、電力の安定供給を図るのが目的の資格。
試験区分 国家試験
認定団体 経済産業省
法令根拠 電気事業法
実施機関 産業保安監督部電力安全課
http://www.meti.go.jp
必要現場 電気事業法に基づく発電用ボイラー、蒸気タービン、ガスタービン及び燃料電池発電所
資格種類

第1種ボイラー・タービン主任技術者

  • 全ての汽力設備、原子力設備、ガスタービン設備、燃料電池設備

第2種ボイラー・タービン主任技術者

  • 圧力5880kPa未満の汽力設備、原子力設備、ガスタービン設備及び圧力98kPa未満の燃料電池設備
認定資格 学歴に応じた実務経験年数をもつ者 。詳細は要確認。