建築物環境衛生管理技術者 (ビル管理技術者)

資格名 建築物環境衛生管理技術者(ビル菅理技術者)
資格概要 建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)に基づいて、3,000㎡ 以上(学校は 8,000㎡ 以上)の特定建築物において建築物環境衛生管理技術者を選任義務がある。特にファシリティマネージメント業務においては重要な資格のひとつ。業務内容は、維持管理業務の計画立案、業務実施、環境衛生管理における各種測定・検査の実施と評価、是正措置である。
試験区分 国家試験
認定団体 厚生労働省
法令根拠 建築物における衛生的環境の確保に関する法律
実施機関 (財)日本建築衛生管理教育センター
http://jahmec.or.jp
必要現場 3,000㎡ 以上(学校は 8,000㎡ 以上)の特定建築物。オフィスビル、ホテル、ショッピングセンター、学校、図書館、博物館、病院等の施設
受験資格 映画館、劇場等、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール等)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボーリング場等)、学校、ホテル等の環境衛生上の維持管理に関する実務を2年以上経験した者。
維持管理の実務とは、①空気調和設備管理、②給水、給湯設備管理、③排水設備管理、④ボイラー設備管理、⑤電気設備管理、⑥清掃及び廃棄物処理、⑦ねずみ、昆虫等の防除
試験科目 ①建築物衛生行政概論  ②建築物の構造概論  ③建築物の環境衛生  ④空気環境の調整  ⑤給水及び排水の管理  ⑥清掃  ⑦ねずみ、昆虫等の防除
講習取得 受験資格者が講習を受講することで資格取得可能
※学歴等の要件などあるので要確認
試験月 年1回 (10月)
申込締切は、5~6月頃  ※ 詳細は要確認
試験データ
  建築物環境衛生管理技術者
受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 9,827 1,861 18.9%