危険物取扱者

資格名 危険物取扱者
資格概要 一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う施設には、危険物取扱者を置かなければならない。免状の種類が甲種、乙種第1類~第6類、丙種の8種類ある。その中で乙種第4類がガソリンスタンドなどで必要な資格で取得者が圧倒的に多い。
試験区分 国家試験
認定団体 総務省
法令根拠 消防法
実施機関 (一財)消防試験研究センター
http://www.shoubo-shiken.or.jp
必要現場 危険物に指定されているものを取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設
資格種類

甲種

  • 甲種危険物取扱者は、全類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができる。また、甲種危険物取扱者が立ち会えば危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができる。

乙種

  • 乙種危険物取扱者は、指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。また、乙種危険物取扱者が立ち会えば危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができる。
  • 第1類
    酸化性固体:塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類等
  • 第2類
    可燃性固体:硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体等
  • 第3類
    自然発火性物質及び禁水性物質:カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りん等
  • 第4類
    引火性液体:ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類等
  • 第5類
    自己反応性物質:有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミン等
  • 第6類
    酸化性液体:過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物等

丙種

  • 丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます。ガソリン、灯油、軽油、重油等
受験資格

甲種

  • 学歴で化学に関する学科等の修得や乙種の免状による条件があるので要確認

乙種

  • 誰でも受験可能 (制限はなし)

丙種

  • 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目

甲種

  • ①危険物に関する法令  ②物理学及び化学 ③危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

乙種

  • ①危険物に関する法令 ②基礎的な物理学及び基礎的な化学  ③危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

丙種

  • ①危険物に関する法令 ②燃焼及び消火に関する基礎知識 ③危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法
試験月 年複数回
前期(4~9月)、後期(10~3月)で都道府県ごとに複数回
申込締切は、設定された試験日に対して約1カ月位前
詳細は、都道府県ごとに確認
試験データ
  試験種別 危険物取扱者
申請者数 受験者数 合格者数 合格率
平成28年度 甲種 8,756 7,524 2,331 31.0%
乙種1類 5,025 4,836 3,071 63.5%
乙種2類 4,943 4,776 3,126 65.5%
乙種3類 5,195 5,008 3,389 67.7%
乙種4類 104,346 93,381 26,499 28.4%
乙種5類 5,234 5,076 3,396 66.9%
乙種6類 5,931 5,744 3,604 62.7%
乙種 計 130,674 118,821 43,085 36.3%
丙種 11,904 11,297 5,768 51.1%
合計 151,334 137,642 51,184 37.2%