認定電気工事従事者

資格名 認定電気工事従事者
資格概要 工場やビルなどのよ うに電気事業者から高圧の電圧で受電している建物内の電気工作物で、第一種電気工事士は 500キロワット 未満であれば工事できる。しかし、実際には第一種以外にもそうしたところで携わる機会が多く、認定電気工事従事者に認定されると 600ボルト 以下に限って工事をすることができる。このことを簡易電気工事という。
第二種電気工事士を取得して、講習を受けてこの資格を得ると第一種電気工事士を取得するまでの間、仕事の幅が広がる。
試験区分 講習、実務経験による申請
認定団体 経済産業省(産業保安監督部)
法令根拠 電気工事士法
実施機関 (一財)電気工事技術講習センター
http://www.eei.or.jp
必要現場 ビル、工場、施設など高圧を扱う建物で電気工事が必要とされる現場
資格種類 ・第一種電気工事士試験に合格した者(合格しても実務経験がないと免状がないため)
・第二種電気工事士で規定の実務経験が3年以上あるもの
・第二種電気工事士免状交付を受けた後、経済産業大臣が定める簡易電気工事に関する講習(認定電気工事従事者認定講習)の課程を修了した者
・電気主任技術者、電気事業主任技術者であって免状交付後実務経験が3年以上あるもの
認定条件 ①建築物衛生行政概論  ②建築物の構造概論  ③建築物の環境衛生  ④空気環境の調整  ⑤給水及び排水の管理  ⑥清掃  ⑦ねずみ、昆虫等の防除
講習月 年2回 ※ 詳細は、(一財)電気工事技術講習センターに確認