エネルギー管理士

資格名 エネルギー管理士
資格概要 第1種エネルギー管理指定工場におけるエネルギーの使用の合理化に関し、エネルギーを消費する設備の維持、エネルギーの使用の方法の改善及び監視その他経済産業省令で定める業務を管理する資格。規定量以上のエネルギーを使用する工場は、第一種エネルギー管理指定工場に指定される。このうち製造業、鉱業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業の5業種は、エネルギーの使用量に応じてエネルギー管理士の免状の交付を受けている人のうちから1人ないし4人のエネルギー管理者を選任しなければならない。
第一種エネルギー管理指定工場とは、熱(燃料等)電気を合算した年間使用量が原油換算 3000kl 以上と定義されている。
試験区分 国家試験
認定団体 経済産業省
法令根拠 エネルギーの使用の合理化に関する法律
実施機関 (一財)省エネルギーセンター
http://www.eccj.or.jp
必要現場 規定量以上のエネルギーを使用する工場
第1種エネルギー管理指定工場:熱(燃料等)電気を合算した年間使用量が原油換算 3,000kl 以上
第2種エネルギー管理指定工場:年度のエネルギー使用量が原油換算で 1,500kl 以上 3,000kl 未満の工場・事業場
資格種類 エネルギーの使用の合理化に関して、エネルギーを消費する設備の維持、エネルギーの使用の方法の改善及び監視、その他経済産業省令で定めるエネルギー管理の業務
受験資格 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目 筆記試験 4科目(必須科目1科目+選択科目3科目)

(必須基礎区分)

  • Ⅰ科目 エネルギー総合管理及び法規

(選択専門区分) 熱分野

  • Ⅱ科目 熱と流体の流れの基礎
  • Ⅲ科目 燃料と燃焼
  • Ⅳ科目 熱利用設備及びその管理

(選択専門区分)  電気分野

  • Ⅱ科目 電気の基礎
  • Ⅲ科目 電気設備及び機器
  • Ⅳ科目 電力応用

※エネルギー管理士免状には、熱・電気の区別はない
※合格課目試験免除制度:3年の間で4科目合格すると全科目合格となる
※認定研修による取得方法がある。要確認。
※免状申請の際に、エネルギーの使用の合理化に関する実務に1年必要

試験月 年1回
申し込み/5月中旬~6月上旬
筆記試験/8月
試験データ
  エネルギー管理士
申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成28年度 12,658 10,468 2,108 20.1%