消防設備士

資格名 消防設備士
資格概要 映画館、スタジアム、ショッピングセンター、ホテル等の施設には、その用途、規模、収容人員に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等や特殊消防用設備等の設置が法律により義務づけられており、それらの設置工事、点検整備等を行う資格。
試験区分 国家試験
認定団体 総務省
法令根拠 消防法
実施機関 (一財)消防試験研究センター
http://www.shoubo-shiken.or.jp
必要現場 映画館、スタジアム、ショッピングセンター、ホテル等の施設工事及び、施設菅理の現場
資格種類

甲種:下記に対応した消防用設備等の工事、整備、点検をすることができる

  • 特類
    特殊消防用設備等(従来の消防用設備等に代わり、総務大臣が当該消防用設備等と同等以上の性能があると認定した設備等)
  • 第1類
    屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備、共同住宅用スプリンクラー設備
  • 第2類
    泡消火設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
  • 第3類
    不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
  • 第4類
    自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
    共同住宅用自動火災報知設備、住戸用自動火災報知設備
    特定小規模施設用自動火災報知設備、複合型居住施設用自動火災報知設備
  • 第5類
    金属製避難はしご、救助袋、緩降機

乙種:下記に対応した消防用設備等の整備、点検をすることができる(工事はできない)

  • 第1類 甲種と同様
  • 第2類 甲種と同様
  • 第3類 甲種と同様
  • 第4類 甲種と同様
  • 第5類 甲種と同様
  • 第6類 消火器
  • 第7類 漏電火災警報器
受験資格

甲種

  • 受験資格が国家資格等によるもの、学歴によるものに大別でき、複雑なので詳細は確認すること

乙種

  • 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目

甲種 特類

  • ①工事設備対象設備等の構造・機能・工事・設備  ②火災及び防火  ③消防関係法令

甲種 第1~5類

  • ①消防関係法令 ②基礎的知識  ③消防用設備等の構造・機能・工事・整備 ④実技:写真・イラスト・図面等による記述式

乙種 第1~7類

  • ①消防関係法令 ②基礎的知識 ③構造・機能・整備 ④実技:写真・イラスト・図面等による記述式

※「他の類の消防設備士」、「電気工事士」、「電気主任技術者」、「技術士」等の資格を持つ場合、または消防団員として5年以上勤務し消防学校で所定の教育を終了している場合は、試験の一部免除がるので要確認

試験月 年複数回
都道府県ごとに年間でスケジュールが設定されるので要確認
詳細は、都道府県ごとに確認
申込締切は、設定された試験日に対して約2カ月位前
試験データ
  試験種別 消防設備士
申請者数 受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 甲種特類 1,396 1,168 190 16.3%
甲種1類 16,029 11,927 2,712 22.7%
甲種2類 3,790 3,025 892 29.5%
甲種3類 4,174 3,326 877 26.4%
甲種4類 25,011 18,958 5,494 29.0%
甲種5類 4,002 3,265 1,048 32.1%
甲種 計 54,402 41,669 11,213 26.9%
乙種1類 3,236 2,622 754 28.8%
乙種2類 898 752 228 30.3%
乙種3類 962 802 262 32.7%
乙種4類 15,181 12,068 3,418 28.3%
乙種5類 1,167 958 376 39.2%
乙種6類 25,119 20,099 7,888 39.2%
乙種7類 6,839 5,878 3,377 57.5%
乙種 計 53,402 43,179 16,303 37.8%