ガス主任技術者

資格名 ガス主任技術者
資格概要 ガス工作物の工事や維持、運用・保安の監督を行う国家資格。ガス事業者は、ガス事業法より、ガス主任技術者免状の交付を受けている者であって、 経済産業省令で定める実務経験を有する者のうちから、ガス主任技術者を選任し、事業場ごとにガス工作物の工事、 維持及び運用に関する保安の監督をさせなければならない。
試験区分 国家試験
認定団体 経済産業省
法令根拠 ガス事業法
実施機関 (一財)日本ガス機器検査協会
http://www.jia-page.or.jp
必要現場 ガス工作物の工事や維持、運用・保安の監督を行う全ての現場。ガス供給会社、ビル・施設・工場、ガス工事に係わる現場
資格種類

甲種ガス主任技術者

  • ガス工作物の工事、維持及び運用

乙種ガス主任技術者

  • 最高使用圧力が中圧及び低圧のガス工作物並びに特定ガス発生設備等に係るガス工作物等の工事、維持及び運用

丙種ガス主任技術者

  • 特定ガス発生設備に係るガス工作物の工事、維持及び運用
受験資格 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目

マークシート問題

  • ①法令
  • ②基礎
  • ③ガス技術 (製造、供給、消費) 

論述問題

  • ①法令
  • ②ガス技術
試験月 年1回
申し込み/5月中旬~6月上旬
筆記試験/9月
試験データ
  試験種別 ガス主任技術者
受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 甲種 2,903 374 12.9%
乙種 2,685 469 17.5%
丙種 2,724 730 26.8%