衛生管理者

資格名 衛生管理者
資格概要 常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが義務づけられている。労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする仕事。
試験区分 国家試験
認定団体 厚生労働省
法令根拠 労働安全衛生法
実施機関 (財)安全衛生技術試験協会
http://www.eccj.or.jp
必要現場 50名以上のすべての事業場
資格種類

第一種衛生管理者

  • すべての業種の事業場で専任できる

第二種衛生管理者

  • 有害業務と関連がうすい事業場においてのみ専任できる(情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業等)
受験資格 1年以上の「労働衛生の実務経験」が必要で、最終学歴によって実務経験年数が異なる。
※ 詳細は要確認
試験科目

筆記試験

  • 第一種
    関係法令(有害業務、有害業務以外)、労働衛生(有害業務、有害業務以外)、労働生理
  • 第二種
    関係法令(有害業務以外)、労働衛生(有害業務以外)、労働生理

※ 有害業務以外の科目は、第一種、第二種で共通問題
※ 第二種を取得済みの者が第一種を受験する場合は、「特例第一種衛生管理者」という種別で受験可能。

試験月 毎月1~3回実施
試験データ
  試験種別 衛生管理者
受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 第一種 55,129 30,587 55.5%
第二種 25,716 16,983 66.0%