高圧ガス製造保安責任者

資格名 高圧ガス製造保安責任者
資格概要 高圧ガスによる災害を防止するため、高圧ガスを製造する機器等に関するハード面の技術基準による規制だけではなく、高圧ガスを取り扱う事業所には、一定レベル以上の技術能力を持つ保安責任者等を配置することも義務付けている。
試験区分 国家試験
認定団体 経済産業省
法令根拠 高圧ガス保安法
実施機関 高圧ガス保安協会
http://www.khk.or.jp
必要現場 石油化学等のコンビナートの高圧ガス製造工場、液化天然ガス(LPガス)製造工場、冷凍に係わる高圧ガス製造施設
資格種類

甲種化学責任者
甲種機械責任者

  • 石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的な業務を行う者に必要な資格。高圧ガスの種類及び製造施設の規模についての制限はないので、保安技術管理者、保安主任者及び保安係員に選任され、全ての製造施設に関する保安に携わることができる。

乙種化学責任者
乙種機械責任者

  • 石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的又は実務的な業務を行う者に必要な資格。高圧ガスの種類については制限はないが、製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限り制限がある。保安主任者及び保安係員に選任される場合の製造施設の規模についての制限はないので、これらの条件の下で、全ての製造施設に関する保安に携わることができる。

丙種化学(液石)責任者

  • 正式には、丙種化学(液化石油ガス)責任者という。主にLPガス充てん事業所、LPガススタンド等のLPガス製造事業所において、LPガスの製造に係る保安の統括的又は実務的な業務を行う者に必要な資格。製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限り制限を受けるが、保安主任者及び保安係員に選任される場合は、その規模の制限は受けない。また、所定の経験を有している場合LPガス以外の高圧ガス製造施設の保安係員にも選任されることができ、これらの条件の下で、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができる。

丙種化学(特別)責任者

  • 正式には、丙種化学(特別試験科目)責任者という。石油化学コンビナート等製造事業所、充てん事業所、天然ガススタンド等において、製造に係る保安の実務的な業務を行う者に必要な資格。高圧ガスの種類及び製造施設の規模については制限を受けないが、この資格は保安係員のみに選任され、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができる。

第一種冷凍機械責任者

  • 主に大型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格。全ての冷凍(1日の冷凍能力に制限はない)の製造施設に関する保安(冷媒ガスの種類の制限はない)に携わることができる

第二種冷凍機械責任者

  • 主に中型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)にに係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格。1日の冷凍能力が 300トン 未満の製造施設に関する保安に携わることができる

第三種冷凍機械責任者

  • 主に小型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)にに係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格。1日の冷凍能力が 100トン 未満の製造施設に関する保安に携わることができる
受験資格 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目

甲種

  • ①法令  ②保安管理技術  ③学識 ※第三種冷凍機械は学識なし
    科目免除が受けられる講習制度、各資格合格者に対しての科目免除制度があるので詳細は要確認。
試験月 年1回
申し込み/8月下旬~9月上旬
筆記試験/11月
試験データ 全体として、3万名位の受験者数。そのうち冷凍機械責任者が1万3千名位。合格率は、30~60%位と幅がある。

  試験種別 高圧ガス製造保安責任者
受験者数 合格者数 合格率