高圧ガス販売主任者

資格名 高圧ガス販売主任者
資格概要 高圧ガスによる災害を未然に防止するため、高圧ガスの販売業務に従事する人に必要な資格。経済産業省が指定する高圧ガスを販売する場合に必要となる。
試験区分 国家試験
認定団体 経済産業省
法令根拠 高圧ガス保安法
実施機関 高圧ガス保安協会
http://www.khk.or.jp
必要現場 石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所、及び販売事業所
資格種類

第一種販売主任者

  • 液化天然ガス(LPガス)以外の高圧ガスの販売事業所において、高圧ガスの販売に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格。高圧ガスの販売に関する保安に携わることができる。 対象となる高圧ガスは、アセチレン、アルシン、アンモニア、塩素、クロルメチル、五フッ化ヒ素、五フッ化リン、酸素、三フッ化窒素、三フッ化ホウ素、三フッ化リン、シアン化水素、ジシラン、四フッ化硫黄、四フッ化ケイ素、ジボラン、水素、セレン化水素、ホスフィン、メタン、モノゲルマン、モノシラン。

第二種販売主任者

  • 液化天然ガス(LPガス)の販売事業所において、液化天然ガス(LPガス)の販売に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格。工業用のLPガスの販売主任者(高圧ガス保安法)として、また、一般家庭等で生活の用に供するLPガスを販売するLPガス販売所の業務主任者又は業務主任者の代理者(液化石油ガス法)として選任されることができ、LPガスの販売に関する保安に携わることができる。
受験資格 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目 ①法令  ②保安管理技術
科目免除が受けられる講習制度、各資格合格者に対しての科目免除制度があるので詳細は要確認。
試験月 年1回
申し込み/8月下旬~9月上旬
筆記試験/11月
試験データ
  試験種別 高圧ガス販売主任者
受験者数 合格者数 合格率