工事担任者 (電気通信の工事担任者)

資格名 工事担任者(電気通信の工事担任者)
資格概要 電気通信回線に接続する端末設備の接続するために必要な資格。アナログ電話回線やデジタルデータ回線(現在整備が進められている次世代ネットワーク(NGN)などのIPネットワークI等)に、さまざまな端末設備を接続する工事を行い、または監督する役割を担う。略して、工担(こうたん)とも言う。
試験区分 国家試験
認定団体 総務省
法令根拠 電気通信事業法
実施機関 (一財)日本データ通信協会
http://www.shiken.dekyo.or.jp
必要現場 電気通信関連企業、電力業、ガス・水道設備工事業、電気工事業、放送関連企業、情報通信機器製造・販売業、OA事務機器製造・販売業、ビル等のファシリティ関連企業等、幅広い
資格種類 AI 第一種

  • アナログ伝送路設備(アナログ信号を入出力とする電気通信回線設備をいう。以下同じ。)に端末設備等を接続するための工事及び総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事

AI 第二種

  • アナログ伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(端末設備等に収容される電気通信回線の数が、50 以下であって内線の数が 200 以下のものに限る。)及び総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事(総合デジタル通信回線の数が毎秒 64キロビット 換算で 50 以下のものに限る。)

AI 第三種

  • アナログ伝送路設備に端末設備を接続するための工事(端末設備に収容される電気通信回線の数が、1のものに限る。)及び総合デジタル通信用設備に端末設備を接続するための工事(総合デジタル通信回線の数が基本インターフェースで1のものに限る。)

DD 第一種

  • デジタル伝送路設備(デジタル信号を入出力とする電気通信回線設備をいう。以下同じ。)に端末設備等を接続するための工事。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。

DD 第二種

  • デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が、毎秒 100メガビット (主としてインターネットに接続するための回線にあっては、毎秒 1ギガビット )以下のものに限る。)ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。

DD 第三種

  • デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒 1ギガビット 以下であって、主としてインターネットに接続するための回線に係るものに限る。)ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。

AI・DD 総合種

  • アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事
受験資格 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目 筆記試験 3科目(基礎科目、技術及び理論科目、法規科目)
※ 資格によって、範囲が異なる。
※ 資格保有者や科目合格者に対する免除があるので要確認。
※認定学校を修了している、または電気通信主任技術者資格の保有者、一定の実務経験者に対する免除があるので要確認
※試験の時間帯がぶつからなければ、併用して受験が可能
試験月 年2回
申し込み/第一回:2月上旬~3月上旬、第二回:8月~9月上旬
筆記試験/第一回:5月、第二回:11月
試験データ
試験種別
申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成28年度 第1回 AI 第一種 938 772 267 34.6%
AI 第二種 234 192 43 22.4%
AI 第三種 1,734 1,568 924 58.9%
DD 第一種 3,599 2,826 690 24.4%
DD 第二種 325 251 44 17.5%
DD 第三種 6,143 5,590 2,378 42.5%
AI・DD 総合種 5,152 3,885 819 21.1%
合計 18,125 15,084 5,165 34.2%
平成28年度 第2回 AI 第一種
AI 第二種
AI 第三種
DD 第一種
DD 第二種
DD 第三種
AI・DD 総合種
合計
年計 18,125 15,084 5,165 34.2%