シスコ技術者認定

資格名 シスコ技術者認定
資格概要 シスコシステムズ製品(主にネットワーク関連)に関するIT分野の技術者認定資格である。
試験区分 民間試験
認定団体 シスコシステムズ合同会社
http://www.cisco.com
資格種類

シスコ技術者認定プログラムには、エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、 アーキテクトの5つのレベル(易→難)がある。

エントリー認定

  • ネットワーク テクノロジーの分野でのキャリア構築を目指す方には格好のスタート地点と位置づける
  • CCENT (Cisco Certified Entry Networking Technician)
    エントリ レベルのネットワーク サポート担当者に要求される技能を備えていることが証明される。アソシエイトレベル認定取得へ向けた最初のステップとして位置づけ。
  • CCT (Cisco Certified Technician )
    エントリレベルのネットワーク サポート職に求められるスキルを所持しているネットワーク専門家であることを認定する。重要なシスコ製ネットワーキング デバイスやシステム デバイスを顧客サイトで診断、復元、修理、交換できる技能を備える。

アソシエイト認定

  • シスコ技術者認定全般の最初のステップは、ネットワークの導入、運用、トレブルシューティングに関する CCNA 、あるいはネットワークの設計に関する CCDA と大きく2種類。アソシエイト レベルは、ネットワーキング認定資格の基礎レベルとして位置づけられている。
  • CCDA (Cisco Certified Design Associate)
  • CCNA (Cisco Certified Network Associate) Routing and Switching
  • CCNA Data Center /CCNA Security/CCNA Service Provider/CCNA Service Provider Operations /CCNA Video/CCNA Voice/CCNA Wireless

プロフェショナル認定

  • シスコ技術者認定の中級レベルとなるのがプロフェッショナル レベル。業務に必要な専門知識に応じて、認定トラックが設けられている。
  • CCDP (Cisco Certified Design Professional)
    インテリジェント ネットワークの設計の概念と法則に関する高度かつ豊富な経験に基づいた知識を有することを証明します。CCDP 認定資格者は、高度なアドレッシングとルーティング、セキュリティ、ネットワーク管理、データセンター、および仮想プライベート ネットワーキングと無線ドメインを含む IP マルチキャスト コンプレックス マルチレイヤード エンタープライズ アーテクチャの説明、設計、作成を行うことができる。
  • CCNP (Cisco Certified Network Professional)
    ローカル ネットワークやワイド エリア エンタープライズ ネットワークの計画、実装、およびトラブル シューティング能力や、セキュリティ、ボイス、ワイヤレス、およびビデオ ソリューションのスペシャリストと協同で作業を行う能力を認定する。少なくとも1年間のネットワーキング業務の経験があり、スキルを磨くことで複雑なネットワーク ソリューションに単独で対処できる見込みのある技術者に適した認定である。CCNP 認定を持つ技術者は、ネットワーク技術者、サポート エンジニア、システム エンジニア、もしくはネットワーク エンジニアとして、企業内で必要とされるスキルを備えていることを持っていることを証明できる。
  • CCNP Data Center /CCNP Security/CCNP Service Provider/CCNP Service Provider Operations/CCNP Voice/CCNP Wireless

エキスパート認定

  • 業界において上級のネットワーク認定として、世界各国で認められている。
  • CCDE (Cisco Certified Design Expert)
    エキスパート レベルのネットワーク デザイン エンジニア、アーキテクチャ チーム または IT インフラストラクチャ チームのネットワーク リーダーといった、ビジネスニーズや予算・運用上の制約などをコンバージド ソリューションへ変換することが求められる職務に従事しているエンジニア向けの認定である。 大規模な顧客ネットワークに対して、デザイン ソリューションをインフラストラクチャ レベルで開発するためのカリキュラムで構成されている。
  • CCIE Routing and Switching (Cisco Certified Internetwork Expert Routing and Switching )
    計画、運用、複雑な統合型ネットワーク インフラストラクチャの問題解決において、エキスパート レベルのネットワーク エンジニアに求められるスキルを備えていることを証明する。
  • CCIE Collaboration/CCIE Data Center/CCIE Security/CCIE Service Provider/CCIE Service Provider Operations/CCIE Voice/CCIE Wireless

アーキテクト認定

  • シスコ技術者認定における最高水準の認定。この認定はシスコ テクノロジーやインフラストラクチャ アーキテクチャを証明するために公式な認定を望む技術者にとって、頂点に位置する。
  • CCAr (Cisco Certified Architect )
    シニア ネットワーク インフラストラクチャ アーキテクトにふさわしい認定。ビジネス目標をサポートできるようにネットワークの技術仕様を作成する仕事をする者向け。 ビジネス戦略を理解し、インフラストラクチャ技術要件へ変換するタスクに重点を置いたカリキュラムとなってる。
受験資格 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験科目 詳細は、要確認
ピアソンVUE試験会場での試験またはオンライン試験