LPIC

資格名 LPIC
資格概要 Linuxの技術力を中立公正に判定するIT資格。製品メーカーや配布元企業に全く依存せず、常に中立公正な立場で、Linux技術力を評価する。公正なLinuxスキルの判断基準として国際的に認められている資格である。
試験区分 民間試験
認定団体 特定非営利活動法人Linux Professional Institute
http://www.lpi.or.jp
資格種類

LPICレベル1

  • サーバの構築、運用・保守。実務で必要なLinuxの基本操作とシステム管理が行えるエンジニアであることが証明される

LPICレベル2

  • ネットワークを含む、コンピュータシステムの構築、運用・保守。Linuxのシステムデザイン、ネットワーク構築において、企画、導入、維持、トラブルシューティングができるエンジニアであることが証明される

LPICレベル3 Core

  • エンタープライズシステム構築。大規模システムの構築、運用・保守ができるエンジニアであることが証明される

LPICレベル3 Specialty

  • 各分野の最高レベルの技術力を持つ専門家レベルの資格
  • LPI-302 Mixed Environment:Linux、Windows、Unixが混在するシステムの設計、構築、運用・保守ができるエキスパートエンジニアであることが証明される
  • LPI-303 Security:セキュリティレベルの高いコンピュータシステムの設計、構築、運用・保守ができるエキスパートエンジニアであることが証明される
  • LPI-304 Virtualization & High Availability:クラウドコンピューティングシステム(クラウド)の設計、構築、運用・保守ができるエキスパートエンジニアであることが証明される
受験資格 誰でも受験可能 (制限はなし)
試験月 ピアソンVUEによるCBT試験